記事一覧

 小野市スポーツ賞の表彰式・鈴木啓示さんの講演

 小野市スポーツ賞の表彰式に行ってきました。私は小野市サッカー協会会長で招待されました。
 国体1500m優勝の田中さん(西脇工業高校1年)
 ジュニアオリンピックC100m西尾くん(小野中1年)
 ジュニアオリンピックC100m松永さん(小野中1年)らはじめとしてたくさんの人が表彰されていましたが、サッカー関係の人はだれもいませんでした。
 サッカー協会会長としては、なかなかつらいところです。

 ところで「鈴木啓示さん」、NHKの解説者ですが、300勝投手、打たれたホームランン560本(世界記録)の持ち主です。
 演題:「投げたらアカン!わが友・わが人生訓」ですが、
自分の人生の転機をいろいろ話していただきました。もともと阪神に入りたかったそうですが、阪神が指名しなかったので、大学に行くことにしていたが、近鉄のスカウトに現金を積まれて即決めたといわれてました。弱小球団の近鉄が自分を育て、鍛えて、300勝投手にしてくれたと講演されていました。当時の近鉄選手は、あまり熱心に練習する人が少なかったようです。だから自分のような素質の乏しい人間でも努力すれば、チャンスが与えられ、成績も残せたといわれてました。三原監督、・・西本監督、仰木監督など7人の人に世話になったようです。引退するときがつらかったといわれてました。前半戦で5勝していたが引退、ごまかしてシーズン最後までやれば10勝はできたかもしれない。でも過去のプレッシャーがあってシーズン途中で引退表明!巨人の王さんも引退するときでも、30本ホームランを打っていましたが、引退しています。勝って当たり前!ホームランを打って当たり前!という目に見えないプレッシャーが引退に導くのだと思います。大選手という証ですね。
 小学校のとき、高校野球を見に行ったことがあります。兄と一緒に小野高校の応援に行きました。勝敗は憶えていませんが、次の試合が育英高校対長田高校で、育英の投手は鈴木さんでした。その当時から足を高く上げて、速い球を投げていました。育英が勝ってましたが、長田の投手がよかったから僅差だと思います。50年以上前の話です。その後こんなすごい大投手になるなんて、高校時代の鈴木さんを知っているなんて運がいい!?

 歌舞伎、海老蔵・愛之助を見に行ってきました。①

ファイル 625-1.jpgファイル 625-2.jpgファイル 625-3.jpgファイル 625-4.jpgファイル 625-5.jpg

  京都・南座で「吉例顔見世(かおみせ)興行」で四代目の襲名披露に歌舞伎役者・中村鴈治郎(がんじろう)さんが出演しています。雁治郎さんは中村扇雀を父に、扇千景を母に持つ超ブランド歌舞伎人です。ところが、海老蔵や愛之助などに比べると少しオーラないようです(ファンの方にすいません)。歌舞伎自体は写真が撮れませんので周囲を撮ったのがあります。
 途中休憩で食事をするのですが、劇場内に食堂がありゆっくり食べることができました。(写真)
 さすが海老蔵、愛之助はたいしたものでした。(写真)

 サッカー不祥事の学校の教育方針

 「本校の学園理念は“響生”です。お互いに影響を受け、影響を与え、響きあいながら前進するという考えです。「響」という字は、「ご馳走を一緒に食べ、会話をすると心が伝わる」という意味をもっています。「生」は「新たなものが生まれ育つ」ことを意味します。心が伝わり、新たなものを生み出し、育てることが“響生”の原点になります。
そして“響生”を具体的に展開していく軸となるのが教育方針になります。
本校は教育方針として次のふたつを掲げています。
「本校の生徒・教職員は共に学ぶ心をもち、学力・技術の向上に努める」
人生において最も重要なのは学ぶ心です。高校生活では、授業を中心とした学力向上、部活動などでの技術の向上が特に重要になります。向上心をもち目標に向かって懸命に努力する姿は、必ずまわりの仲間の心を響かせます。そして、またひとり頑張る仲間が増えていきます。
「本校の生徒・教職員は共に豊かな人間関係を築くため、礼節を重んずる」
響きあいの基本は、相手に対する敬意です。敬意なくして響きあうことはできません。
そして敬意の表れとして大切なのが礼節になります。本校では礼節を「挨拶・身だしなみ ・言葉づかい・時間」と定め、爽やかな挨拶・清楚な身だしなみ・正しい言葉づかい・時間厳守を実践しています。
こうして培われる“響生”に基づく考えと習慣は、将来経験する様々な場面で豊かな人間関係を築くための大きな力となると確信しています。 」という教育方針をネットでみつけました。

 ちょっと一言;万引き事件(集団窃盗団もどき)になっているので、教育方針が空回りしていたのは事実と思います。生徒と先生との距離があったのかもしれません。この教育方針はすばらしいと思います。もっとみんな年齢を重ねておればできたかもしれません。先生も生徒も空回りするような、教育方針を立てない方がいいと思いますが・・・・!?

 16歳山口茜さんを知ってますか!!

ファイル 570-1.jpgファイル 570-2.jpg

 昨年、テレビで初めて山口茜選手を見ました。全日本の試合に出て、上位に進出した高校生です。
 この山口茜さん(福井・勝山1年)=福井・勝山南部中出身。地元の公立高校で日々の練習に励んでおりますが、今年9月の国際大会「ヨネックスオープン・ジャパン」(東京)では日本人初の女子シングルス優勝を果たしました!!
 小学校、中学校と世代別のタイトルを獲得し、ついに大きな大会の女王に輝いた。まさに「スーパー女子高生」
 バドミントンを始めたのは5歳のころ。2人の兄の練習に付き添ううちに、自然とラケットを持つようになったようです。
 小学生の時は、試合中でも劣勢になるとよく泣き、泣かなければ負けなかった試合もたくさんあったようです。年を重ねるごとに次第に感情をコントロールすることができきるようになり、今では試合中に感情を表に出すことはほとんどありません。周囲から「何を考えているか分からない」と言われるほどポーカーフェースになっています。
 中学生から、地元のクラブチームや勝山高校の男子選手を相手に練習し、めきめきと力を付け、男子のスピードとパワーに圧倒されながらも、相手のプレーや試合を『読む』重要性を知ることによってさらに成長してきました。
 高校進学の際は、県外の強豪校に進む選択肢もありましたが、それでも生まれ育った地元・勝山高校への進学を決めたのは「これまで戦ってきた仲間たちと、共に上を目指したい」という強い思いがあったからだそうです。
 ここで一言;この山口さんの天才的なところは、ラケットを振る際、シャトルを見ていません!相手の動きを見て攻撃しています。サッカーでもノールックパス(ボールを見ないでパスする)などは、コースを読みにくいため比較的ゆるいパスで有効なことが多いのはサッカーファンならだれも知っていることです。バドミントンでするため、世界のトップ選手といい試合ができるまでなってきたと思います。多分5才からやっているので、シャトルを打つ音を聞くだけで、どの辺を飛んでいるか分かっていると思います。まさに天才でーす!!

 「大根おろしアート」って知ってますか?

ファイル 564-1.jpgファイル 564-2.jpgファイル 564-3.jpgファイル 564-4.jpg

 【デコ鍋】大根おろしアート「白くま鍋、パンダ鍋、カピバラ鍋」ちょっとかわいいツイート&画像というのがネットでありました。
 先日テレビでもやってましたので、我が家も挑戦して「キティー鍋」作ってくれました。なかなか上手にできました。大根おろしで作るらしいのですが、今や、鍋もアートの時代に入ってきました!!

 もう忘れかけましたか?錦織圭選手の準優勝

 独断と偏見で解説をすると・・・

 今回マリン・チリッチ選手に負けたのは、錦織対策がチリッチ選手側にきちんとできていたからです。
 錦織選手は、オールラウンドプレヤーです。特にストローク、特にバックハンドは一級品です。準々決勝の相手はサーブ&ボレーが上手い選手でしたが、粘って粘って逆転してしまいました。サーブ&ボレーの選手は体力を消耗しますので、第5ゲームになれば威力が落ちてき、コースも読まれリターンされてしまいます。結局粘り勝ちということです。そのため世界ランキング1位と当たっても、粘り勝った自信がありましたので、同じようなオールラウンドプレヤーでしたが、錦織には勢いがあり、ゲーム終盤からは、粘りを発揮し攻めて相手にテニスをさせなかったのが勝因だと思います。
 マリン・チリッチはサーブ&ボレーの選手なので、試合が長引いたら負けると判断し、積極的に攻めてきてました。錦織には5-2で少し部が悪い。しかし結果的には錦織の本来のテニスをさせないままゲームオーバーになったわけで、錦織は完敗です。
 フェデラーもオールラウンドプレヤーです。マリン・チリッチには負けたことがなかったそうで、準決勝では3-0で完敗、フェデラーもテニスをさせてもらえなかったようです。
 でも錦織は今までゲーム中に肉離れなどを起こし、リタイヤするこがときどきありました。チャンコーチに基礎体力をきっちり仕込まれたお蔭で、試合を最後まで集中しながらできるようになったのは、本当に強くなった証拠だと思います。
 世界チャンピオンも見えてきたような気がします。

 兵庫医大のホームカミングデイに行きました!!

ファイル 542-1.jpgファイル 542-2.jpgファイル 542-3.jpegファイル 542-4.jpgファイル 542-5.jpg

 兵庫医大を卒業して42年になります。このたび8月3日(日)、第一回ホームカミングデイが開催されましたので、参加してきました。合同同窓会みたいなもんで、私は1期生ですので値打ちがあります。
 兵庫医大の42年の歩みをいろいろ教えてもらいました。大きなできごとは、阪神大震災、JR尼崎脱線事故などで救急病院の真価を問われる破目になったそうです。話せば長くなるのでこの辺で。
 本日の講演のプログラムは、胃がんの手術のプロフェッショナル、脳卒中の治療の大家、そして医師になっておりながら作家の道を選んだ卒業生です。みなさん、とてもパワフルで私も元気をもらってきました。
 オープンキャンパスも同時に開催され、見学などしてきました。40年も経てば変わるものですね!後輩が教授や準教授に結構あっていて、当時の彼らを知っているので、私も頑張れば出世したかもしれないと密かに思ってしまいました。
 写真は9号館・手術棟から見た武庫川、手術室、パーテイー模様です。

 野々村元県議はいいこともしている・・・?

 野々村元県議は、辞職勧告で議員辞職してしまいました。政務調査費の説明が不十分なため、3年分を返納するようですが、おまけに議会からの刑事告訴もされています。
 ひとことでいうと、使用した状況がわからなくても、帳尻を合わせておけば、目いっぱいお金が使えるということです。適当に報告書を書いておけば、内容の調査もなく、私用であろうが、公用であろうがお構いなしです。もともとこのシステムが議員を堕落させているのです。コンビニや書店で万引きしても見つからなかったらラッキー!と差がないような恥ずかしい行為です。
 なぜ野々村元県議がいいことをしたのでしょうか?つまり、この事件を起こしたお蔭で、全国の議員の方々の政務調査費の使い方が現在よりもっと正当な使い方になるからです。たぶん切手を買って金券ショップでポケットマネーに換えている人もこれからはできなくなります。この事件のお蔭で政務調査費やその他もろもろで、全国レベルで、数億の経費節減になっていると思います。全国の議員の「ふんどし」を締めなおすようなことをすれば、このくらい衝撃的なことがいるのです。これからも議員だけでなく、領収書が要らなくて経費となる職業はどんどんなくなるでしょうね!
 大事な経費ですので、まじめに使いましょうね!!

 追伸:野々村元県議は政務調査費は利息もつけて返納すると言っておられますが、仕事もしていないので、給与も全額とはいわないが、半分以上は返納すべきと思います。
 ちょっときつかったかな!?

 ブラジルがドイツに負けてしまいました!(ワールドカップ準決勝)

 朝5時から観ていました。
 「立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛ける両チーム。前半11分、右CKからミュラーが右足で合わせ、ドイツが先制点を挙げた。同23分には、クローゼがW杯通算最多の16点目となるゴールを奪いリードを広げた。さらに同24分、26分とクロースが立て続けに2ゴールを奪うと、同29分には、ケディラにもゴールが生まれ、5点のリードで前半を折り返した」

 独断と偏見で解説すると・・・

 最初の1点取られるまでは両テームの動きもよく、すばらしい試合だったと思います。右CKからミュラーに右足で合わせられましたが、まったくフリーでしたのでやられてしまいました。つまりブラジルはディフェンスがもろいというわけです。とはいうものの日本代表よりは上手だと思います。ドイツが、ディフェンスを崩したのは正確な速いパス回しでディフェンダーを翻弄していたように思います。ブラジルはネイマールという心の支えを失っているため、何かあれば崩れそうな状態で必死に戦っていました。先制点をブラジルが入れていると、こんな展開にはならなかったと思います。ただドイツは相手の弱点をよく研究していたようです。ブラジルは個人技のチームなので、一度崩すともろい!ましてネイマールがほとんど得点していたような状況だったので、しかたなかったかもしれません。

 負けてもゴミ拾い…世界が賞賛、日本サポーター

ファイル 522-1.jpg

新聞電子版によりますと・・・
 
 サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本―コートジボワール戦の観戦を終えた日本人サポーターが、客席のごみを片づける画像が世界に広まり、各国の主要メディアから称賛されている。
 ブラジルの有力紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」(電子版)は15日、北東部レシフェで14日行われた試合の終了後に始まったゴミ拾いについて、「日本は初戦を落としたが、礼儀の面では多くのポイントを獲得した」と報道した。
 英紙インデペンデント(電子版)は16日、「日本の観衆がワールドカップの会場でゴミを集めたことは他国のサッカーファンにショックを与えた」と伝え、ゴミ拾いの様子の写真2枚も掲載した。
 韓国の聯合ニュースは16日、日本人サポーターについて「敗北の衝撃に包まれながらも、破壊的な行動をせず、ゴミを拾い始めた」と指摘。画像は、中国のインターネット・ニュースでも伝えられ、国営新華社通信の中国版ツイッター「微博」には、「中日関係は落ち込んでいるが、日本のいい伝統は学ぶ価値がある」などの書き込みがあった。

 サポーターによる観客席のゴミ拾いは、日本がW杯に初出場した1998年フランス大会から行われている取り組みだという。試合中にスタンドで膨らませて応援する青い袋を、試合後はゴミ袋として活用した。

 ここで一言;特にアジアの近隣の一部国の方と思いますが、何かあればジャパンバッシングをしてきます。日本人は元々はワルの少ないお人好しの人種と思います。過去の50年以上前のことを掘り起こして、問題視し、謝罪や保証などを求めるより、今の現在の国民性を向上させるようにどうして努力ができないのでしょうか?ますます国民性の低下を招き、世界中から信用をなくし、国力の失速を招いているだけではないでしょうか?と思うのは私だけでしょうか!