記事一覧

 明けましておめでとうございます!(元旦)

ファイル 629-1.jpgファイル 629-2.jpgファイル 629-3.jpgファイル 629-4.jpgファイル 629-5.jpg

 新年の挨拶が遅くなり、申し訳けございません。
 今年も「院長日記」をよろしくお願いします。

 元旦は、芦屋マリーナでランチをいただきました。イタリアンはまぁまぁでしたが、ここに係留しているクルーザーが、5000万円以上のものばかりでビックリしました。そんな船を見ながら食事をしてきました。

 

 ヴィッセル神戸対FC東京戦を観戦!

 0-2でFC東京にやられてしまいました。それも日本代表の森重選手、武藤選手に入れられてしまいました。
 人それぞれ意見はあると思いますが、私はヴィッセル神戸のボール支配率が断然よかったので、たまたまミスにつけこんで点が入っているだけなんで、安心はしています。次はナビスコカップになりますが、対モンテジオ山形戦があります。多分勝つと思います。
 今回ビックリしたのは観客が多すぎました。いつもなら対FC東京戦なら、1万人くらいの観客です。それが21218人もの観客でした。なんでこんなに多いのか、種証;子供の無料チケットが約20000枚がばらまかれたようです。電車も子供は安くなっていました。試合は観客が多い方がいいですが、こんなに多いと、トイレに行くのも大変、食べ物やジュースを買いにいくのも大変、車を置くのも大変でした。次回は日曜の午後5時ですが、町内会の会議で観にいけません。来週は入場の時に配るチラシに私が載っています。観に行きたいでーす!!

 大阪オートメッセでのスーパーカー(2月15日)

ファイル 584-1.jpgファイル 584-2.jpgファイル 584-3.jpgファイル 584-4.jpgファイル 584-5.jpg

 私の気に入ったスーパーカーがありました。高級外車には、ベンツ、ポルシェ、アウディ、BMW,フェラーリ、ランボールギーニ、マセラティー・・・・、いろいろありますが、私の気に入ったのは、アウディR-8とマクラーレンでした。
 R-8は5200㏄でV型10気筒エンジンです。フルタイム4駆で、安定性抜群の車です。
 マクラーレンは、ホンダがF-1復帰している。エンジンは他社のを使用していますが、ボディーはマクラーレン製です。3800㏄でF-1の流れを受け継いでいます。

 中高年ライダーの死亡事故、10年で倍増!!

ファイル 565-1.jpgファイル 565-2.jpgファイル 565-3.jpgファイル 565-4.jpgファイル 565-5.jpg

 朝日新聞の電子版に下記の記事がありました。

 「交通事故の死者数が減少するなか、中高年のオートバイによる死亡事故が増えている」

 若い頃の愛好者が中高年になって運転を再開する「リターンライダー」の増加が一因。警察庁は12日、オートバイ関連団体などと「二輪車安全対策推進連絡会議」を初めて開き、安全対策を連携して進めることを申し合わせた。

 同庁によると、2013年の交通事故死者の全体数は前年より38人少ない4373人で13年連続の減少だったが、オートバイ乗車の事故死者数は5人増えて465人となった。

 特に中高年の死者が増え、03年は40歳代が63人、50歳代は30人だったが、13年に40歳代103人、50歳代67人とそれぞれほぼ倍増した。10年間で半減した16~39歳の層と比べると、その急増ぶりは際立つ。

 背景にあるのは、リターンライダーの増加だ。日本自動車工業会によると、1982年の328万台をピークに2010年に38万台まで落ち込んだ二輪車の国内販売台数は、13年に41万台に回復した。中高年層の購買意欲が高く、同年度の運転者の平均年齢は05年度を8・3歳上回る51・0歳。観光地や景勝地でのツーリングを楽しむ人が増えているという。

 ちょっと一言;今年牽引免許を取りに、東播教習所に通っていたとき、牽引車の練習は私一人でしたが、バイク野郎たちはオジサン、オバサン、お兄ちゃん、お姉ちゃんら10人前後は来ていましたね。二輪の免許を取りにくる人は、外気は寒かったが多かった。死亡事故が多くなったのは、バイク人口が増えるより、まだ一般社会がバイクに馴染んでいない、運転者が土日しか乗らないので、運転技術なども未熟なような気がします。以前ハーレー軍団が事故で先頭車の方が亡くなられた交通事故がありましたが、やや高齢なライダーだったため、運転中に脳血管障害などによる意識低下があったと聞いております。ハーレーは60才以上のライダーが多いようです。一番安全なのはハーレーと思います。なぜなら、殻がでかく音ばかりであまり走りません!!

 今日は知り合いのゴルフコンペに参加しました(4月27日)

 このコンペは以前に優勝させてもらい、電動自転車をいただきました。そのお蔭でHD(ハンディキャップ)が13になってしまいました。私はホームコースの関西ゴルフクラブのオフィシャルHDは20です。今日のスコアは57、49で106.HD13ですので、ネット93でした。本日のコンペでは見事ブービーメイカーでした。つまり20人中20位でした。あまりにもかわいそうということで、次回HD15.5にしてくれました。
 次回の秋には六甲国際ゴルフクラブでするそうです。距離が長いのでますます大変!少しくらいHDを多くしてもらったところで、またビリになる恐怖との戦いは同じだと思います。
 いいこともありました。最近週一で加圧トレーニング;筋トレをしていますので、ドライバーやアイアンの飛距離が伸びています。ただパターは滅茶苦茶下手!!
 今日はヘマをしてしまいました。ゴルフクラブを多く持って行ってたので、ゴルフ場で3本抜きました。しくじったのは、14本にしたつもりだったんですが、常用するクラブを間違って抜いており、スタートしてゴルフクラブがないと散々、ゴルフ場のスタッフに文句をいうてました。コンペが終わって車に戻ったら、ないといっていたクラブがあり、本当にはずかしかったです!後で謝りの電話を入れておきました。
 本当にひとりよがりで、みなさんに迷惑かけてすいませんでした

 ヒアルロン酸、ボトックス注射セミナーに21日に参加(東京にて)

ファイル 490-1.jpgファイル 490-2.jpgファイル 490-3.jpgファイル 490-4.jpg

 40~50才を過ぎてくると、どうしても「しわ、シミ、たるみ」が気になってくる人が増えてきています。高血圧、高脂血症、糖尿病・・などが軽快しても、表面的には何も変わりません。
 テルナ・ジャパンという会社が、歯科医師の為のヒアルロン酸・ボツリヌストキシン製剤(いわゆるボトックスのこと)注射導入セミナーを定期開催しており、3月21日には医師にも参加できる講習会がありましたので東京まで行って参加してきました。
  「ヒアルロン酸とは?」「ボツリヌス菌とは?」といった基礎的事項から「注入時における注意事項やテクニック」についてまで、1日で基礎から実践までを行うセミナー内容です。 この講習を受けて、結論からいうと、ヒアルロン酸注射はもっとトレーニングを受けないとできませんが、ボトックス注射は私でもできそうです。
  ボトックスは、しわ;おでこ、眉間、目じり(烏の足跡)に有効、歯ぎしり解消、ガミースマイル解消
  ヒアルロン酸は、お口周りのほうれい線を改善、くちびるのボリュームアップ、マリオネットラインの改善などに使用されています。
 私ができそうなのは、ボトックス注射と水光注射(ヒアルロン酸と美容活性物質を混合し、皮膚表面にハンコ注射して注入)なら今年の夏くらいから始められそうです。水光注射は機械導入しないといけません。
 水光注射で得られる治療効果:しわ・たるみの改善、肌のハリ改善、美白、保湿力改善、肌の透明感改善など

 今まで美容(若返り)に関しては、まったく関心のなかった私ですが、60才になってじっくり顔を見ると、しわ、シミ、たるみなど老化しているのがよく分かり、とてもショックでした。私も60才になりましたが、新しいことをどんどんやっていこうと年始に決心したばかりです。
 若返り治療なら私自身も含めて、それなり貢献できるような気がしてきました。つまり、私がやろうとしていることは、小さな美容整形(手術をしない)になります。

 写真はボトックスを作る、注射を打つ前に皮膚を冷却、水光注射の機械などです。

 大阪キャンピングカーショーに行きました!

ファイル 484-1.jpgファイル 484-2.jpgファイル 484-3.jpgファイル 484-4.jpg

 2月23日(日)に京セラドームへ、いろいろなキャンピングカーを見に行ってきました。
 私が気に入ったのは、バスタイプのもので、いわゆるAクラスというものです。ほとんどが新車価格は1,000万円以上しています。

 デカイものがほしい理由とは・・・
 ① 長距離の移動にはとても楽チンです。車内で飲み食いもできますので、サービスエリアで待って食事をしなくていい、渋滞中でも車内が広く、テレビやDVDが見れ、楽しく過ごせて目的地まで疲れません。
 ② ベース車両はバスですが、普通(中型)免許で運転ができます。現在の普通免許では、限定解除しないと運転はできません。

 しかし欠点もあります。
 ① デカイのでパーキングに気を使います。旅先でのちょっとした移動には不便です。

  そこで、キャンピングカーにカーゴトレーラーを牽引してもらうのです。カーゴには、バイクや電気自動車などを積んでいけばいいわけです。そのために牽引免許を取りにいったというわけです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ