記事一覧

 車イスの人は、格安飛行機には乗れない!?

「バニラ・エアに声をあげた障害者に「クレーマー」、広がるバッシングに疑問の声」

 報道によると、格安航空会社(LCC)のバニラ・エアが、車いすの乗客に自力でタラップを上がらせる対応をとり、謝罪した問題。インターネット上では、バニラ・エアの対応を批判した車いすの男性を「クレーマー」などと非難する声もある。男性のやり方に問題があったのか? 車いす利用者からは「誰かが声をあげないと変わらなかった問題」との声があがる。バニラ・エアの対応を批判したのは、下半身不随で車いすで生活するバリアフリー研究所代表の木島英登さん。
 
 ちょっと一言;私が思うには、5日前に車イスで乗ると事前連絡が必要となっている。当日急に行って断られています。同行の人が担いで飛行機に乗ったらしい。帰りは担いで搭乗が危険といって這って搭乗しています。この方は障害者ビジネスをしている人ですので、どうなるかわかっていると思います。断られるをわかって飛行機に乗りにいっています。障害者が飛行機に乗るなではなく、格安飛行会社ですので、人件費を抑えています。どちらかといえば自立者を対象にしているわけです。それを差別したみたいにいうのはおかしいと思います。事前に会社に連絡し、搭乗不可ならどうすればいいか尋ねて、それが差別につながるようなことなら、ここで初めて抗議をすればいいと思います。報道だけの情報なら「クレーマー」といわれてもしかたないと思いますが・・・・

 最近気になること・・・・

 1)舛添要一さんの辞任後、都議のオリンピック高渡航費
 2)乙武洋匡の離婚騒動?
 3)北海道の置き去り小学生
 
 ちょっと一言;知事になるまでは、無駄遣いがあると指摘をしていた舛添さんだが、いざ自分がなるとせこいが加わった無駄使いになってしまっていた。辞任はするものの、それを指摘していた都会議員のオリンピックへの高額出張費が問題になっている。はっきりいって舛添さんと同じです。他人に厳しく、自分に甘い、都会議員も同じ穴の貉ということです。きちんとしたお金の使い方を検討する人が必要ですね!

 乙武洋匡さんは不倫騒動で、最近仕事がなく自宅いると思います。奥さんは子供の世話と夫の世話をしないといけません。たぶん奥さんはストレスが溜まってきたのだと思います。手足のない人と結婚し、子供を作るくらいの奥さんですので、不倫くらいではなんともないはずです。夫と長い間、家にいると鬱陶しくなったのではないでしょうか!疲れたのでしょう!離婚するかもしれませんね!

 しつけといって、置き去りにされた小学生は、車の進む方向と反対側に行ったらしい。普通なら涙ながして、「許して・・・」と叫ぶはず!車に石をぶつける子なので、確かに問題児にはまちがいない。子供が発見されて、迎えにきたのは父親、母親はあまり顔を出していません。マスコミなどに頭を下げていたのは父親だけで、おかしくないですか?たぶんこの子供は母親が嫌い、何か理由がありそう!父親が息子に謝っていたが、「お父さん許したる」と言っている。違和感だらけの事件ですね!真相はしりません!

 「袖の下」の続きです・・・・ちょっと一言

 ちょっと一言;医師の倫理観のなさに驚いた方が多かったかもしれません。
 私も研修医のとき、患者さんからお礼”ほんの気持ち”といってもらったことがあります。公務員ではありませんので、収賄にはなりません。ちょっとした脱税にはなりますが、当時は何も知りませんでした。薄給の私にとって、とてもありがたかった思い出になります。
 15年くらい前のことですが、体育館でフットサルをしたときに、左アキレス腱の断裂を起こし、手術をしてもらったことがあります。そのときは、執刀医が神様に見えましたので、お礼をしました。生命保険から保険金がでましたので、それを使いました。
 この「袖の下」の問題ですが、一概に賄賂とはいえません。なぜかというと、一度死にそうな病気で助けられたら、感謝の気持ちでいっぱいになります。なんとかお礼をしたいと思うのはおかしくないと思います。所謂「袖の下」は、はしたない表現ですが、「チップ」みたいなものと思います。高額はしなくても、”ほんの気持ち”は許されていいと思います。
 ただ情けないのは、もらい方などを解説しているちょっと勘違いした名医(迷医)がいるのが残念です!

 

 寺井寿男校長の発言の波紋・・・ちょっと一言!!

 人の価値観の問題に突っ込んで話しているので、人に誤解されやすいと思います。
 昨今の事情は、女性が子供を作りにくい環境になっているから問題なのです。もし4人や5人の子供、またそれ以上もおれば、総合職の仕事は、周囲のサポートがなければほぼ不可能に近い状態になります。子供にはお金がかかり、仕事に追われます。だれがそんなしんどいことをするのでしょうか!!過労死が待っています。
 できれば、子供ができてもサポート体制がしっかりしておれば、キャリアを積むことができます。生活面では、ヘルパーが無料で来てサポートしてくれたり、出産したらお祝い金;100~500万円くらい贈呈とか、そして保育園の費用、医療費・・・など子供にかかる費用はすべて無料にすべきです。できれば、大学までにかかる費用なども無料にすべきと思います。やはり次世代を支えてくれる人をもっと大切にしたいと思います。子供は宝です!
 話は変わりますが、防衛大学校に入って、自衛官になるのを辞退する人がいます。最近は5%くらいらしいですが、次のようなことがニュースに出ていました。
 「MSN産経ニュース(1月22日)によると、防衛大学校卒業生で任官を辞退する卒業生から授業料・入学金に相当する約250万円を償還金として徴収することになったとのことである。また任官後6年以内に退職する卒業生からも在職期間に応じて徴収するとのこと」
 つまり辞退するくらいなら行かなかったらいいのです。授業料無料、生活費援助があるから行くわけです。学問を学ぶ自由がありますが、生活費まで面倒みてもらっているのでは話が変わってきます。250万円以上国庫金が使われているのですから、返還すべきでしょうね!

 寺井寿男校長の全校集会での発言の波紋!?

ファイル 654-1.jpg

 「寺井寿男校長(61)が2月29日の全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと。仕事でキャリアを積む以上に価値がある」と発言と報道 されていますが、全文を読むと当たり前というか、いいことも述べていると思います。

 全校集会での発言は下記の通りです。

「今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げてよく聴いてください。女性にとって最も大切なことは、子供を二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。
 なぜなら、子供が生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか子供を産むことができません。男性には不可能なことです。
 「女性が子供を2人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部に能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたらよい」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと大学で学び、医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けばよいのです。子育ては、それほど価値のあることなのです。
 もし、体の具合で、子供に恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれない子供を里親になって育てることはできます。
 次に男子の人も特によく聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。
 人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。
 子育てをしたらそれで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。
 やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。・・・・でちょっと一言になりますが、次の回に意見を述べたいと思います。

 梅田暴走、運転手死因は大動脈解離…直前発症か

 府警によると、運転していたのはビル管理会社長、大橋篤さん(51)。目立った外傷はなかったが、搬送される際に心肺停止の状態で、事故の約3時間20分後に死亡が確認された。
 司法解剖で、大橋さんは心臓から腰の付近の血管が破れる大動脈解離を発症し、流れ出た血液が心臓を圧迫する心タンポナーデで死亡したことがわかった。
 かかりつけ医だったという男性は「血圧は高めだったが、定期的に健診を受けていて心臓の病気につながる症状もなかった」と話している。
 府警が防犯カメラなどを調べたところ、大橋さんの車は交差点の約100メートル手前でハザードランプを点灯させて停車し、約1分後にランプをつけたまま走り出した。防護柵に接触したり縁石に乗り上げたりしても速度を緩めずに進み、歩道を約40メートル走行したという。

 ちょっと一言;こんな事故は未然に防ぐには、体調不良があれば、直ぐに車を停止させ、エンジンを切るしかありません。
 大動脈解離というのは、発症すると胸部に激痛があります。解離が進行すると、激痛な部分が上方から下方へ広がります。運転などできるような状況ではありません。
 つまりその時点では意識がなくなっている可能性があります。となれば、自動運転の技術があるくらいのハイテク時代になったのですから、自動危険回避装置などを考えてほしいものです。運転者が意識がない状態と自動車が認識したら、ブレーキはかけるようなシステムを作ればいいわけです。よく似たようなシステムはもうすでに市販車についていますが、今回の事故を回避できたかは疑問です!

 高島さち子さんが反省してます!

 こんな記事がありました。

 「バイオリニストの高嶋ちさ子さん(47)が、息子のゲーム機破壊騒動でバッシングを浴びていることで落ち込んでいると、フジテレビの武田祐子アナウンサー(45)が明かした。
 高嶋さんは、家庭のルールを守らなかった息子のゲーム機を破壊したことを新聞のコラムで明かし、その行為はネット上で物議をかもした。その後「週刊文春」の取材に対し、ゲーム機を壊した事情を説明したが、現在まで炎上騒ぎの鎮火には至っていない。
 25日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」ではこの騒動を取り上げた。同日朝に高嶋本人に電話取材を行ったという武田アナは、「本人はとてもとても反省していまして、ツイッターが炎上しているのを見ては毎日ため息をついている」と高嶋さんの様子を伝えた。
 また、ゲーム機を壊された息子さんは「なんで知らない人が怒っているんだ、僕は怒ってないのに」と母親を擁護しているとのことで、炎上しているツイッターを高嶋本人が見ないように設定するなど、心配していると明かした。」

 ちょっと一言;一見虐待にもみえますが、息子さんには母親の気持ちが通じているので特に問題はないと思います。炎上させる人は経緯をしらず、一部のことを知って怒っています。物事はトータルでみましょう!
 ある高校の話。甲子園出場の多い学校の野球部では、血のにじむような練習をしています。レギュラー選手にインタビューすると「練習はきついですが、監督の野球部員への愛情を感じています」。ところが補欠の選手は「こんなきつい練習は・・・。早く辞めたいです」つまり彼にとっては虐待そのものになっています。本人の受け取り方ひとつで、天国と地獄くらい差があります。野球推薦で入っているため、辞めるに辞められない彼はストレスと戦っています。

 桂文枝さんの不倫疑惑?

 多分不倫?していたと思います。認めるか認めないか、また妻の反応で状況が変わります。
 ここでいろいろな解決方法を考えてみましょう!

 解決法・その1;すべての不倫を認める。あさはかな自分を責めて土下座して謝る。いろいろな役職を辞任する。【元衆議宮崎式】

 解決法・その2;不倫を絶対に認めない。自分は女に嵌められたと文句をいう。【しらを切るタイプ】

 解決法・その3;「記憶にございません、過去のことは忘れました」多分これでいくとすべての仕事を失うおそれがある【元兵庫県議野々村式】

 解決法・その4;いろいろあったと思う。自分は彼女らに育て鍛えてもらい、現在の自分がある。彼女たちには感謝している! そして知らん顔して仕事を熟す。

 解決法・その5;妻に言ってもらう。妻の自分が夫の管理ができず、みなさんにいらん心配かけてすいません。夫は今のままで、仕事に励んでもらうしかありませんと妻が謝る。
  
 どんな解決方法がいいか、ゆっくり考えてみよう!?

 伸介さん?のベッキーへのコメントを知ってますか?

  僕は素敵に思えます。(多分、伸介さん!?)

「芸能界と関係ない僕(伸介さん)が言うのもなんやけど、俺がいたらイライラすることあるよね。ベッキーもかわいそう。他人にヤイヤイ言われて。スポンサーやスタッフにはお詫びをしないといけないけど、すべてを失っていいと思って人を好きになるって、すごいやん。あんたらできるのか?そんな恋したことあるのか?と言いたいね。俺が現役なら、そう言ってましたわ。悪いのは男です。絶対守らないといけない男が、ゆるすぎる。写真撮られたり、離婚してないのに親に会わせたり。男が100%いかんよな。ロクに恋もさせてもらえなかった31歳のベッキーが、人生かけた恋を、人生かけて恋したことない人間には、理解してもらえないよね。タレントとしてはダメなベッキーかもやけど、僕はすべてをかけたベッキーが素敵に思えます。モラルやルールは分かるけど、それを超えた恋をした人は、3%もおらんよね。だから、世の中の97%に拒否される。でも3%は分かってくれる。ただ、相手間違えたかな?ずるい女の子なら、気がついてた。あー、現役なら伝えたかった!」。

 ここで感想;私も3%の方に入るか変わり者かもしれません。清原氏のように犯罪者でないのですから、もうベッキー・バッシングは止めてほしいと思います。阻喪が悪い・不倫に文句があるなら、原さん(元監督;遠征先に・・・)、石田純一さん(不倫は文化・・)、宮根さん(隠し子問題・・)・・などいろいろあります。ベッキーさんの純愛!?からしたら、これらの人々にはもっと年季が入っています。またファンの方も多いと思います。でも、彼らは仕事は失っていません。失うのは、本来ならこのオジサマたちの方が大きいと思います。少し印象が悪くなったからといって、すべてのコマーシャルがなくなり、テレビ出演も減らされ、挙句の果て休業宣言に至っています。あまりにも、世間の風当たりがひどいと思いませんか。決してベッキーをかばう気持ちはありませんが、今の芸能界・テレビ業界のあり方に少し疑問を持っています。SMAPの問題にも当然疑問がありますが・・・お休みなさい~・・・

 篠田博之のコラムがおもしろいですね!

 この方は、茨城県立水戸第一高等学校を経て、1976年に一橋大学経済学部卒業。当時の一橋大生は、商社や銀行にフリーパスであったが、そういった進路に疑問を感じ、雑誌ジャーナリズムを志して、大学卒業後政策時報社に入社。1980年、政策時報社を退社し総合評論社入社。月刊「創」編集部所属。1981年の月刊「創」編集長就任後、徐々にメディア批評誌化を進める。1982年、月刊「創」編集者3人で創出版設立。1994年、創出版代表取締役。もともと学生運動に参加していた立場からか左翼リベラル的なスタンスで雑誌制作に携わり、獄中からの手紙を通じて犯罪者にも発言の場を与えるなど、異色の雑誌編集を続けている。北朝鮮に渡ったよど号グループの声を取り上げて来た他、連続幼女殺害事件の死刑囚・宮崎勤などに手記を発表させている[3]。交友の幅も広く、同業者である様々なジャーナリスト、文筆家や大手マスコミ関係者と面識があり、スタンスの異なる人物とも交流を持ち花田紀凱、一水会の鈴木邦男などとも親しい。
 最近は日垣隆に「創」について「独裁体質」「街金に手を出した」などと批判され、「事実無根」と反論する内容証明を送付するなど論争となった・・・・・というかなり個性の強い人です。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/?ym=2016-2#artList
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/?ym=2016-1#artList
 ちょっと一言;最近の出来事のコラムです。篠田博之さんの考え方が、まともなように思えます。

ページ移動