記事一覧

 来年のカレンダーができました!

  例年通りの「イヌ」「ネコ」に今回は「フラワー」「旬のお便り」「動物たち」などがあります。
 まだ来年の年号が決まっていません。また、5月1日が祭日になりました。それらは、このカレンダーには載っていません。
 
 来年は災害のない1年になってほしいと願ってカレンダーを作りました。年末から年始にかけて大雪にならないように。またインフルエンザも流行するかもしれません。気をつけてください。

 広告が入っていますが、次のような種類です。

 依藤診療所(医療保険・自費診療)
 介護老人保健施設シルバーランド(介護保険;入所は要介護3∼)
 銀荘(しろがね);認知症
 賃貸住宅 シルバーランド・リブレ(往診・訪問看護あり)

 電気自動車を買い替えました!

ファイル 733-1.jpgファイル 733-2.jpgファイル 733-3.jpgファイル 733-4.jpg

 最近、キティー号(120㎞)をぶつけてしまいました。バックしていて駐輪場の柱にあててしまいました。もう古くなってきた電気自動車で走行距離が短くなってきたので、27年式の180kmモデルに買い替えました。ぶつけないためにバックモニター、寒い日のため暖かいシートヒーターが付いています。今度はぶつけず、快適に運転できると思います。キティー号は卒業です!

 京丹後鉄道「くろまつ号」出発進行!(その3)

ファイル 732-1.jpgファイル 732-2.jpgファイル 732-3.jpgファイル 732-4.jpg

 西舞鶴駅から少し戻ったところで、「くろまつ号」の写真を撮ろう線路の横で待ってました。期待を裏切り猛スピードでやってきたので、いい写真が撮れませんでした!!
 
 写真で、鉄橋を走っているのは、「くろまつ号」ではなく「赤松号」です。紅葉の季節に晴れた日、河の水も濁っていないとき、乗車しました。

 京丹後鉄道「くろまつ号」出発進行!(その2)

ファイル 731-1.jpgファイル 731-2.jpgファイル 731-3.jpgファイル 731-4.jpgファイル 731-5.jpg

 台風で、列車がキャンセルになるかと思いましたが、京丹後鉄道は運転するとなってましたので、私たちも乗車することにしました。私の計算によりますと、台風は夕方過ぎに接近するように思いましたので、不安なく出発し、5時には小野に帰る予定でした。
 観光列車「くろまつ号」は9月までは懐石料理で、10月から洋食になるため9月に慣行しました。8月に一度乗ってみてよかったので、みなさんに乗ってもらいたかったのです。最近列車は高速化しているで、景色を見ながら列車に乗って、食事をする機会が減っているため、ゆっくり走る観光列車に乗ると違った喜びを感じました。この旅は雨でしたが、天候は関係なしで乗れ、悪天候の中でも、なかなかのものだと思います。
 私は一人で、道の駅の「とれとれセンター」で、上にぎり、アナゴや牡蠣の軍艦巻きを食べて、西舞鶴駅へ向かいました。

 京丹後鉄道「くろまつ号」出発進行!(その1)

ファイル 730-1.jpgファイル 730-2.jpgファイル 730-3.jpgファイル 730-4.jpg

 9月30日は台風、豪雨の最中、うまくすり抜けて観光列車の旅を慣行しました。当日4人のキャンセルがありましたが、急遽4人を集め、18人で行くことになりました。
 10時に診療所を出発し、12時に天橋立駅に到着。雨はほとんど降りませんでした。私はアッシーなので、ここで乗客を降ろしバスで西舞鶴駅へ向かいました。みなさんは、列車の中で懐石料理を食べながらゆっくりと天橋立駅から西舞鶴駅へ向かいます。18人参加で他のお客さんは4人、ほとんど私たちの貸し切り列車になってしまいました。海は茶色に濁っていましたが、走行中は雨はほとんど降りません。西舞鶴駅へ着いたら、雨がしとしと、すぐに出発しました。以外と雨が少なかったので丹波篠山口ICすぐの「諏訪園」にもより、たくさんお土産を買ってたようでした。30分後出発し、今度は雨はどしゃ降り、風も少し出てきました。ゆっくり走り5時過ぎには小野に到着できました。

 ボーリング大会(7月25日)

ファイル 729-1.jpgファイル 729-2.jpgファイル 729-3.jpgファイル 729-4.jpg

 わがグループのスタッフによるボーリング大会を開催しました。総勢80人以上になりますが、全員出席はできないにしても、60人くらいで、ほとんどボーリング場を貸し切り状態にしたような気がします。。
 ボーリングの賞のなかでも、ジャスト賞を点数が70、150を設定しました。
 70の人はだれもいませんでした。71と69とがいましたので、じゃんけんで勝った人が商品ゲット! 150は二人いました。私と理学療法士でした。じゃんけんでなにを出すかといわれ、チョキ!といいました。相手はパーを出すと宣言!私に花を持たそうと気のきいたスタッフです。私はやっぱりグーにしますと訂正しました。すると相手もチョキにすると言い返してきました。
 
 いよいよジャンケン!

 最初はグー、ジャンケン ホイ・・・・・チョキをだしました。

 相手はグーで見事、私は負けてしまいました。

 楽しいボーリングでしたが、患者さんが急変したので、すぐに施設に帰って仕事! 
 なかなかゆっくりはできないものですね!

 淡路の花火を見てきました。(7月22日)

ファイル 728-1.jpgファイル 728-2.jpgファイル 728-3.jpgファイル 728-4.jpgファイル 728-5.jpg

 ルミナス神戸2で午後7時神戸港を出港です。須磨、垂水の海岸に沿って、明石大橋付近まで行き、岩屋の沿岸までクージング!
 景色を見ながら、まぁまぁのフランス料理を食べながら、洲本港付近に午後8時に到着。花火が上がり、海から見る花火には感動しました。よくをいえば、もっと岸に近づいてほしかったです。
 この日も猛暑!船はよく冷房が効いているので、寒かったです。
花火を見るために、デッキに出ると生暖かい風があり、花火はなかなか涼しいところでは見えないものですね!
 

 熱中症で小学生が亡くなった!(7月17日)

 「小1男児が熱中症で死亡 校外学習中に『疲れた』訴え」と報道されました。(愛知県)

 熱中症に対して、校長が認識が甘いといってましたが、野外活動などはしかたがないこともあります。学校から帰宅途中でも同じような状況になることもいくらでもあります。
 
 ここで、「なにが問題か」を指摘している人が一人もいません。

 「野外活動から帰ってきたときは、しんどいといって意識がありました。その後20分後に顔色が悪くなり、意識がなくなったそうです。この20分が学校の先生の認識が甘いのです。教室で室温37度のところで、教師が世話をしていたそうです。児童は急に顔色が悪くなり意識がなくなっています。野外活動から帰ってくるとき、しんどいといって付き添わなくてはならない状態でした。
そんなような状況では、たぶん保健室なら、冷房の効いた部屋に移動し、塩分の入っている飲み物をちびちびと飲んでいたら、助かっていると思います。室温の高い部屋で休憩させているから、熱中症が進行したと思います。この20分を甘くみていたわけです。学校の記者会見を聞く限りでは、先生方は熱中症をきちんと理解しているかは疑問です。
 とりあえず、暑かったらできるだけ中止することです。しんどさが増してきたら、直ちに涼しいところに行き、塩分入りの飲み物を飲むことだと思います。室内、屋外は関係ありませんので注意しましょう!!

リゾートトラストレディースを観戦!

ファイル 726-1.jpgファイル 726-2.jpgファイル 726-3.jpgファイル 726-4.jpgファイル 726-5.jpg

 5月27日リゾートトラストレディースの決勝ラウンドを見に行ってきました。関西GCで開催され、私はここのメンバーになっています。ミニスポンサーで参加させてもらっています。
 優勝は岡山選手、2位は勝選手になっていましたが、プレーオフの18番ホールのティーショットは、勝さんはフェァーのど真ん中、岡山さんはフェァーバンカーで勝負あったかと思いました。ところが、第2打は岡山さんグリーンオン、勝さんはバンカーに入り、寄せきれずボギーで岡山さんの勝利となりました。
 私の解説は、ちょっと違います。この優勝争いは、17番のショートホールで勝さんがバーディーを取った瞬間から始まっています。最終ホールに来た勝さんは、ピンの左側やや奥にオン、バーディーを狙いましたがパー。岡山さんは池沿いにややショートカット気味にティーショット、結構池に近いところでした。バーディーを取るため勝負をかけた第1打と思われます。結果的にはパーでした。プレーオフのとき第2打は岡山さんはバンカーからでしたが、とりあえずグリーンに乗りました。ここで勝さんは勝負をかけて、前回のショットでは、左側に打ってますのでデッドにピンを狙って打ってます。ところが、左から右に向かって風が吹いており、少し流れてピンの右側エッジでワンバンしてバンカーに入ってしまいました。勝さんは3日間通じて初めてのバンカーです。ショートしてはいけないと思い少し力が入ったのか、ピン3mオーバー!下りのスライスラインになってしまい、はずすと思いました。

 うず潮ツアーの報告(5月13日)

ファイル 725-1.jpgファイル 725-2.jpgファイル 725-3.jpgファイル 725-4.jpgファイル 725-5.jpg

 午後からのツアーでしたが、20人くらいで行ってきました。
 午後1時に出発し、2時半には福良港に到着していました。
3時30分の観光船を予約していましたが、早く着きましたので
2時50分の船に変更し乗船しました。結構たくさんのお客さんがきていました。
 ただ残念なのは、大潮・潮流を計算してきたのですが、
写真のようなすごい渦はみられませんでした。
 でも、潮流の激しいところを観光船で遊覧していますので、
それなりに感激はしました。観光船のスタッフは「うず潮」を
世界遺産にしたいようですが、なかなかハードルは高いと思います。
 4時に港を出発し、海鮮料理「びんび家」へ30分後に到着。
夕食を各自注文され、満腹で帰路に着き、小野に6時半到着。

ページ移動