記事一覧

 トヨタ、米人常務取締り役が「麻薬?」で逮捕!!

 トヨタ自動車の常務役員ジュリー・ハンプ容疑者(55)が麻薬を密輸したとして、警視庁に麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、国際郵便で送られた麻薬成分を含む錠剤は、袋などに複数に小分けされ、小包の底に入っていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁は同日、ハンプ容疑者(55)を送検。輸入した経緯や目的を詳しく調べる。
 捜査関係者によると、ハンプ容疑者は「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認。と報道されている。

 ここで一言;この常務は「オキシコドン」が日本では麻薬の取り扱い薬物だと知らなかっただけで、米国でも、オキシコドンは医師の処方が必要となるが、処方される機会は多く、一般的な痛み止めとして広く使用されている。その半面、多くの中毒者が出て社会問題となっている。歯科治療後の痛み止めや高齢者の慢性疼痛(とうつう)の治療などに広く使われており、2009年に急死した歌手のマイケル・ジャクソンさんが服用していたとも報じられています。
 つまり、まったく麻薬などの認識がないのがわかります。ただトヨタの常務なので、気をつけなければなりません。
 当診療所も「オキノーム(日本の薬)」を、がん患者さんの疼痛に使用していました。どんな痛みがあったのか知りませんが、米国では、簡単にだれでも使用できます。日本は麻薬指定がありますので、麻薬の免許を持った医師の処方せんで、尚且つ服薬して余ったりしたら、返却義務があります。わが国では依存症患者はいないと思います。

 女性を軽視してますね!「銀座のママの不倫訴訟」

 ママと男性客の社長が約7年間、繰り返し肉体関係をもったとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」とママに慰謝料400万円を求めた裁判。始関正光裁判官が昨年4月に出た判決は下記だ。

 対価を得て大人の関係を持つのと同様に、ママは商売として応じたに過ぎない。だから、結婚生活の平和は害しておらず、妻が不快に感じても不法行為にならない。枕営業をする者が少なからずいることは「公知の事実」で、客が払う飲食代には枕営業の対価が間接的に含まれる。

 こうして、「不倫だ」との妻の訴えを退けた!

「既婚者と関係を持てば、遊びだったか愛情があったかを問わず配偶者に慰謝料を払う義務がある」とした1979年の最高裁判決以降、既婚者と知って関係を持てば賠償責任を負うとの考えは定着している、ホステスにも慰謝料の支払いを命じた判決もある。と報道されています。

 ここで一言;不倫は既婚者が強いはずが、今回はノーサイドになってしまいました。というより、銀座のママさんは「枕営業」にされて、ひとことで言うと人間として扱ってもらえなかったということです。裁判に勝って慰謝料は払わなくてもよくなりましたが、人間でなくなったということは、大変なことだと思います。
 これが罷り通るなら、愛人(枕営業)は作り放題になります。もっと水関係の女性は怒るべきですよね!!

 白バイを借りてきました!?

ファイル 594-1.jpgファイル 594-2.jpgファイル 594-3.jpgファイル 594-4.jpg

 私の友人で、どうも白バイが好きな人がいます。ホンダCB1300を買ったが、ほとんど乗っていません。それも白バイもどきに変更されています。1年半前に購入したバイクですが、260kmしか走行していませんでした。そのバイクを借りてきました。今日は天気がよかったので、東条の先祖の墓、滝野・社インター付近で給油、JR小野町駅のぷらっときすみで「ざるそば」お土産に巻き寿司を買って依藤診療所に帰ってきました。
 なかなかかっこいい白バイでしょ!!

 NHK:「なかった」結論に「やらせではないか」と疑問視

 報道電子版に下記のような記事がありました。

 NHKの報道番組「クローズアップ現代」などでやらせが指摘されていた問題で、NHKの調査委員会(委員長、堂元光副会長)は28日、「過剰な演出」や「視聴者に誤解を与える編集」があったとする報告書を公表した。看板報道番組の失態に、放送界全体への影響を危惧する声が上がる一方、「事実の捏造(ねつぞう)につながるやらせはなかった」とする結論は「やらせではないか」と疑問視されている。

 ◇籾井会長ら役員4人は役員報酬一部を自主返納

 堂元副会長は会見で「視聴者の期待に反する取材制作は誠に遺憾。おわびする」と謝罪。番組を担当した大阪放送局の男性記者(38)を停職3カ月とするなど関係者15人を懲戒処分とした。処分規定のない籾井勝人(もみい・かつと)会長ら役員4人は役員報酬20〜10%2カ月を自主返納する。
 問題の番組は、昨年5月14日に放送した「追跡“出家詐欺”〜狙われる宗教法人〜」。多重債務者がブローカーを介して、出家の儀式を受け、名前を変えて融資などをだまし取る詐欺の手口を紹介した。同様の内容は同年4月25日の関西ローカル「かんさい熱視線」でも放送されていた。
 いずれも男性記者が担当。ブローカーとされた男性は「自分はブローカーではない」と放送による人権侵害があったとして今月、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に申し立てた。
 報告書は「事実を伝えることよりも、決定的なシーンを撮ったように印象付けることが優先され、過剰な演出が行われた」と指摘した。
 問題としたのは、ブローカーとされる男性の元に、多重債務者とされる男性が相談に訪れた場面。別のビルから隠し撮り風に撮影。多重債務者とされる男性を記者が追いかけ、突撃取材した。しかし実際には、記者は多重債務者とされる男性と8年前から知り合い。相談にも同席して「もうちょっと補足で聞きたい」と声をかけていた。だが報告書は「架空の相談の場面を作り上げ、2人に演技をさせたとは言えない」と、やらせは否定した。
 また、ブローカーとされた男性については、戸籍変更の知識の豊富さなどから「ブローカーと信じる一定の理由がある」とする一方「断定的に伝える裏付けはなく、適切ではなかった」とした。ブローカーか否かの最終判断は避けた。

 ここでちょっと一言;たまたまこの番組を見ていました。見た印象では、闇ブローカーに合い取材したように思いました。今から思えば「やらせ」以外なにものでもありません。「過剰な表現」と云ってますが、「捏造」の方に近いと思います。またNHKの職員の処分がなまぬるいですね!公共放送は視聴率を取らなくてもいいのに、どうしてこんなことするのでしょうか?自分たちの立場をもっと考えてほしいものです!
 

クリス松村 集団万引き生徒に厳しい処分求める…自宅謹慎「甘過ぎ

 帰国子女?だったタレントのクリス松村ですら、22人全員を自宅謹慎処分にしたという学校側の説明に「甘過ぎです。高校生に責任を教えられずに卒業させて良いのでしょうか」と苦言。

 「学生たちの集団心理」のタイトルでブログを更新したクリスは「よくもまあ・・・親善試合で行った国で、22人も・・・。情けないですし、日本の恥。この国と国との複雑な時期に…。」と日韓関係が複雑なこの時期に高校生が集団で起こした事件を憂慮。

 「こういう子供を学校が他国へ送り出す場合、その国の歴史と文化、日本との関係、現在をキチンと指導しなければなりません。そういう学校がするべき指導はしたのか?知りたいです。」と学校側の指導についても疑問を投げ掛け、「これは厳しい処分が求められて当然でしょう。その高校のマターではありません。今回は、日本人としてのマターも大きく含まれます」と強調した。

 集団万引きをしたのは当時2年生、4月から3年生となった22人。「悪い奴は、いつの時代でもいますが、悪い奴がやろう!と言っても、それは悪いことだ!と反対する生徒がいて当然なのに、何十人単位で悪いことに流され加担する学生心理。これは、哀しい大問題です」と集団心理に言及した上で、「やはり、厳しい態度で今、接しないと、それこそ将来に影響すると思います。自宅謹慎では、甘すぎです」と訴えた。

 帰国子女だったクリスは中学時代、「体の痛みを伴う暴力にあった」とかつてブログで告白したことがある。

 今回、万引きした生徒について「まず、学校の生徒、教師がこの海を越えた犯罪に対して話し合うべき」と意見し、「この子供たちは、他の日本人も巻き添えにした犯罪をおかしたのですから、夢が一つなくなったとしても仕方がないのではないでしょうか。反省して、大学や社会人として、またやり直せばいいと思います」と厳しい処分を求めた。

 私も同感ですね!サッカー協会や教育委員会などからいまだに処分がでないというのは、たいした事件ではなかったということかもしれませんね!

 サッカー不祥事の学校の教育方針

 「本校の学園理念は“響生”です。お互いに影響を受け、影響を与え、響きあいながら前進するという考えです。「響」という字は、「ご馳走を一緒に食べ、会話をすると心が伝わる」という意味をもっています。「生」は「新たなものが生まれ育つ」ことを意味します。心が伝わり、新たなものを生み出し、育てることが“響生”の原点になります。
そして“響生”を具体的に展開していく軸となるのが教育方針になります。
本校は教育方針として次のふたつを掲げています。
「本校の生徒・教職員は共に学ぶ心をもち、学力・技術の向上に努める」
人生において最も重要なのは学ぶ心です。高校生活では、授業を中心とした学力向上、部活動などでの技術の向上が特に重要になります。向上心をもち目標に向かって懸命に努力する姿は、必ずまわりの仲間の心を響かせます。そして、またひとり頑張る仲間が増えていきます。
「本校の生徒・教職員は共に豊かな人間関係を築くため、礼節を重んずる」
響きあいの基本は、相手に対する敬意です。敬意なくして響きあうことはできません。
そして敬意の表れとして大切なのが礼節になります。本校では礼節を「挨拶・身だしなみ ・言葉づかい・時間」と定め、爽やかな挨拶・清楚な身だしなみ・正しい言葉づかい・時間厳守を実践しています。
こうして培われる“響生”に基づく考えと習慣は、将来経験する様々な場面で豊かな人間関係を築くための大きな力となると確信しています。 」という教育方針をネットでみつけました。

 ちょっと一言;万引き事件(集団窃盗団もどき)になっているので、教育方針が空回りしていたのは事実と思います。生徒と先生との距離があったのかもしれません。この教育方針はすばらしいと思います。もっとみんな年齢を重ねておればできたかもしれません。先生も生徒も空回りするような、教育方針を立てない方がいいと思いますが・・・・!?

 サッカー万引き事件の続報

 報道電子版では、下記のように記載がありました。
「埼玉県内の私立高校(名前はしいて伏せています)は、生徒指導上、注意を要する生徒はいなかったとしている。副校長は「我が校の生徒としてのプライドを保てなかったのは大変残念。私たちの教育にも責任がある」と述べた。
 同校は22人を自宅謹慎とし、サッカー部監督の教諭(48)を部活指導停止1カ月の処分を出した。サッカー部の海外遠征は今後認めないこととした。
 一方、学校が確認した被害品はベルトや財布など42点(15万5千円相当)で、韓国警察当局が発表した約70点(約28万円相当)よりも少なかったという。
 帰国後に、成田空港からのバス車内で、現地を案内した韓国の旅行会社から監督に「生徒が物を盗んでいないか」などと問い合わせの電話があり発覚。店側からは「示談にするため、再度韓国を訪れ、代金を払って謝罪して」との申し入れがあり、今月2~4日に監督と生徒22人が再度訪韓し、商品42点を返したうえで、代金約15万円を支払った。店側からは「示談にします」との連絡があったという」

 私の意見としては、この学校の教員も生徒も、この事件の重大性の認識が全くないに等しい!!通常なら教員は更迭・・左遷もしくは退職勧告!!生徒は、無期停学もしくは退学に相当します。民事に関しては示談で済みます。刑事責任に関しては、書類送検させれて、前科が付きます。たぶん初犯ですので、執行猶予があるので拘留されないと思います。人生にとって、本当に恥ずべきことをしています。誰一人止める者がいなかったというのが、ここの学校の教育程度の低さの表れです!!韓国の人からみれば、日本の高校のサッカー部員は、平気で万引きをする程度の低い輩と思われているでしょう!!もっと反省してほしいものですね!!

 スマホやめますか、大学やめますか

 奈良医大の細井裕司学長は「スマホは道具であり、使うことが難しいものほどその欠点を知って、使いこなせる人になってほしい」と呼びかけている。信州大の山沢清人学長は、スマホは知性、個性、独創性に毒以外の何物でもない。スイッチを切って、本を読み、友達と話をし、自分で考える習慣をつけてほしい」と訴えています。
 これは同じことを言っていると思います。信大の方はスマホを使いこなせていないので、振り回されるな!医大の方は、優秀な君たちなら振り回されずに使いこなせるはず!
 もとを正せば、ゲーム、ファミコン・・・・いろいろ誘惑してくれるものがあります。すなわち、いろいろな意味で邪魔してくれるものがあふれています。自分でキッチリ見極めてすれば問題ありません。しかし、今の子供たち、大人、老人に至るまで、情報グッズが溢れているので、結構おぼれている人がおられます。
 ますます情報が溢れる時代に突入になります!!

 韓国での日本の高校生が集団万引き

 埼玉県の私立高校のサッカーの強い学校と思います。韓国に親善試合に行って、帰国前にショッピングモールで、28万円相当を万引きして、帰国後韓国警察から問い合わせがあって、事情聴取され発覚しています。防犯カメラに映っていたそうです。
 たぶんここの高校は、この事件を軽くみていると思います。監督はじめ、関係者はかなり重い処分の対象になって当たり前です。そして集団万引きした高校生は、停学か退学処分になるのが当然でしょうね!!
 日本のある意味代表として訪韓、親善試合とはいっても、もっと自覚を持ってほしいものですね!22人で万引きしているので、だれか一人でも悪いことをしていると気が付く者がいなかったのが、本当にだめな学校と思います。いくらサッカーが強くても、ボランティアで地域に貢献していても、人間の信頼関係を裏切る行為はしてはいけません。日本サッカー協会、高校サッカー協会、教育委員会などいろんなところから処分が下されると思いますが、結果がかなり厳しいものになるでしょう!!

 ヴィッセル神戸対FC東京戦を観戦!

 0-2でFC東京にやられてしまいました。それも日本代表の森重選手、武藤選手に入れられてしまいました。
 人それぞれ意見はあると思いますが、私はヴィッセル神戸のボール支配率が断然よかったので、たまたまミスにつけこんで点が入っているだけなんで、安心はしています。次はナビスコカップになりますが、対モンテジオ山形戦があります。多分勝つと思います。
 今回ビックリしたのは観客が多すぎました。いつもなら対FC東京戦なら、1万人くらいの観客です。それが21218人もの観客でした。なんでこんなに多いのか、種証;子供の無料チケットが約20000枚がばらまかれたようです。電車も子供は安くなっていました。試合は観客が多い方がいいですが、こんなに多いと、トイレに行くのも大変、食べ物やジュースを買いにいくのも大変、車を置くのも大変でした。次回は日曜の午後5時ですが、町内会の会議で観にいけません。来週は入場の時に配るチラシに私が載っています。観に行きたいでーす!!