記事一覧

 なばなの里に行ってきました!

ファイル 624-1.jpgファイル 624-2.jpgファイル 624-3.jpgファイル 624-4.jpg

 天気もよく、午後2時に小野を出発。ここからなばなの里まで200km余りで着きます。行きは少し渋滞がありましたので、2時間半余りかかりました。帰りは、2時間15分で小野に到着できました。つまり現地午後7時半出発、小野9時45分到着ということです。行きでは、東名阪自動車道の長島ICを降りると、バスの集団があり、そのあとをついて行ったら、なばなの里に無事到着できました。道路の案内看板通りに行かないで、バスの後をついて行ったのが正解でした。
 以前来園したときより比較的少なめの人と思いました。5時に点灯になりますが、15分前には到着してましたので、人が少なめに感じておりました。その後、5時になると急に人が倍くらいに増えてビックリしました。みなさんは点灯に合わして来ているのだとよくわかりました。
 今年のテーマは、アルプスの少女ハイジでしたが、ハイジがどこにいるのか、わかりませんでした。結局どこにいたかはわりましたが、写真には写っていませんので悪しからず!!

 家族で夕食&ルミナリエ・・・!?(12月6日)

ファイル 623-1.jpgファイル 623-2.jpgファイル 623-3.jpgファイル 623-4.jpg

 日曜日に、長男、長女、3男と私でミント神戸で夕食にでかけました。家族が揃うのはなかなか大変なので4人も一緒に食事をするのは久しぶりでした。牡蠣料理に店が空いていたので、そこでおしゃべりしながら食べました。
 9時になりお店を出ました。ルミナリエが9時半までやっているのを思い出し、走りました。息子たちは元気に走って行きましたが、私は息切れしながらついていくのがやっと!10年以上前に行ったときは、もっと規模が大きかったような気がしました。
 このルミナリエは、12月10日の大雨で倒壊してしまいました。倒壊前のルミナリエがありますので、鑑賞しましょう!!
 
 写真;右下が点灯中、左下が消灯後になります。

 高濃度ビタミンC点滴療法認定医の試験に合格しました!

ファイル 622-1.jpg

 11月の休日は、本当に忙しかったんです。

     1日だけはゴルフコンペでしたが、
     8日は自費診療のセミナー(大阪)
    15日は漢方学会;名古屋部会(愛知)
    22日は点滴セミナー&認定試験(東京)
    23日は特別セミナー;最近のトピックス(東京)と勉強会に通ってました。

 日記を書く元気などまったくなく、ひたすらあくせく勉強会に行っていました。

 本日高濃度ビタミンC点滴療法認定医試験の発表があり、みごと合格しました。私としては、授業はよくわかったつもりだったのですが、いざ試験となるとかなり憶えていないと認識させられた試験(試練)となりました。試験は本当に自信がありませんでした。

 とりあえず認定医になれましたので、来年から高濃度ビタミンC点滴を始めたいと思います。

 妙心寺で精進料理&紅葉を嵐山で・・・(11月27日)

ファイル 621-1.jpgファイル 621-2.jpgファイル 621-3.jpgファイル 621-4.jpgファイル 621-5.jpg

 妙心寺;退蔵院に精進料理を食べに、その後お茶をして庭を観賞。そして嵐山へ足を延ばして行って来ました。
 妙心寺は数多くお寺の集まったところで、その中の退蔵院の昼食ツアーがありました。JCBのランチツアーです。お寺の中を案内していただき、その後精進料理を食べるツアーです。
 その後、妙心寺から嵐山へ嵐電(らんでん)で行きました。2両編成ですが、10分おきに電車が走っています。私が生まれる前に造られたようなクラッシクな電車でした!人が多くてうんざり、紅葉もほとんどしておらず残念でした。嵐山駅から渡月橋まで、人ごみ!また、渡月橋も人ゴミ!!本当に観光地は人が多いですね。もう二度と行きません。もっとゆっくりできるところがいいと思います。

 漢方学会で福井県へ行ってきました!(10月18日)

ファイル 620-1.jpgファイル 620-2.jpgファイル 620-3.jpgファイル 620-4.jpgファイル 620-5.jpg

 漢方専門医なため、学会の出席の点数が必要です。5年間で100点ないと専門医を剥奪されます。私は4年間で40点しか取得してませんでしたので、あと半年で60点取得しないといけません。総会;20点、支部会;10点になっています。今回はしかたなく、遠いところへでも福井県の漢方の総会でしたので、20点取得できました。
 ところで、福井県で「寿司」といえば、回転寿司(写真)になります。そこで、注文はタブレットでします。えびのてんぷら(写真)が大きいのにはびっくり!近くに福井県立歴史博物館がありましたので、立ち寄ってみました。昭和の車(写真)、昭和のバイク(写真)がありました。帰りは高速道路のサービスエリアで、有名なメロンパン(写真)を売っており、それにアイススクリームを挟んで食べるのが流行っているというので買いましたが、すごく食べにくかったです。美味しいけど、アイスクリームが横からこぼれやすかったです。
 中国縦貫道⇔舞鶴若狭道⇔北陸道で往復しました。渋滞もなく距離は約250km余りありました。行き;2時間45分、帰り;3時間のドライブでした。

 歌舞伎鑑賞のちょっと合間に・・・

ファイル 619-1.jpgファイル 619-2.jpgファイル 619-3.jpgファイル 619-4.jpgファイル 619-5.jpg

 大阪松竹座はなんばにあります。その付近をうろうろしました。

 グリコの看板、くいだおれ?、カニ道楽、法善寺横丁の水掛地蔵・・・・

 とりあえず、週末でしたので人が多かったです。

 歌舞伎;阿弖流為を鑑賞してきました!!(10月10日)

ファイル 618-1.jpgファイル 618-2.jpgファイル 618-3.jpgファイル 618-4.jpg

 今まで、吉本新喜劇、劇団四季などは観に行ったことがありましたが、歌舞伎は初めてでした。有名な市川染五郎、中村勘九郎、中村七之助らが出演しています。
 感動したのは、途中休憩があっても、4時間余りの舞台でしたが、まったく飽きさせない、そして迫力満点でした。いろいろ感想をいうより一度観てもらうのが一番と思います。劇団四季の「ライオンキング」「オペラ座の怪人」なども観てきましたが、迫力からいうと歌舞伎の方がかなり勝っているような気がします。ファンになってしまいました!!

 動画がありますので、鑑賞してください。
https://www.youtube.com/watch?v=v4yHFQ5IG48&feature=youtu.be

 お寺参りの後、兵庫県立芸術文化センターへ

ファイル 617-1.jpgファイル 617-2.jpgファイル 617-3.jpgファイル 617-4.gif

 三室戸寺には朝10時半に自宅を出ました。12時半にはお寺でて、宇治でスウィーツの有名な「中村藤吉本店」に寄りましたが、45分待ちでしたので諦めました。なぜなら、15時から兵庫県立芸術文化センターで「アイリッシュダンス」を鑑賞することになっていたからです。 
 京滋バイパスから名神高速でいざ西宮へ、50分くらいで芸術文化センターに着きました。時間があったので、となりの西宮ガーデンズの和食レストランに行って昼食を取りました。芸術文化センターにもレストランがありましたが、ランチが2000円もしたので、となりのレストラン街へ行き、妻はうな重、私はとんかつ定食を食べました。メニューとかなり小さくなってましたが、美味しかったです。
アイリッシュダンス;心躍る民族音楽にのせた軽快なアイリッシュ・ダンスと、神秘的な歌声。ケルトの伝統を守り続けるアイリッシュ・エンターテイメントが、本場アイルランドから来日、世界を魅了し続ける、熱きステージを体感ください!と説明がありました。ダンスも上手でしたが、タップダンスがすごかったです。観賞する価値はあると思いました。「アイリッシュダンス-YouTube」でどんなダンスかはわかります。一度観てください。

 写真は、スウィーツを食べられなかった「中村藤吉本店」、昼食のとんかつ定食を食べる前、兵庫県立芸術文化センターのエントランス、大ホールの2階席の最前列で観賞

 西国33ヶ所巡礼の旅;第10番三室戸寺にお参り(9月27日)

ファイル 616-1.jpgファイル 616-2.jpgファイル 616-3.jpgファイル 616-4.jpgファイル 616-5.jpg

 京都の宇治にある三室戸寺まで、自宅から100kmくらいありましたが、渋滞もなく1時間20分くらいで着きました。きれいなお寺でしたが、拝観料や駐車料を取るだけありますね!
 ここのお寺はとても雰囲気のいいところでした。朱印帳を書いてもらっていたら、次の訪問者で巡礼バスの添乗員が、朱印帳を10冊くらいを受け付けに出した時に、多分住職と思いますが、とても不機嫌になってブツブツ文句を言っていたのが目に留まりました。
 また、ここの住職は、原チャリ・ノーヘルでお寺の敷地内を疾走していました。ちょっと気の短い人だったかもしれません。
 記帳してもらい、朱印帳を乾かすためにドライヤーが置いてありました。添乗員は記帳されたページ開け、ドライヤーで乾かしていました。
 
 *西国33ヶ所の5番~9番(主に奈良県)は、妻に行ってもらいました。

 写真とイラストを載せています。
写真は、本堂、参道、勝負に勝つ牛、そして地図のイラスト

 西国33ヶ所の第4番にお参り(9月22日)その2

ファイル 615-1.jpgファイル 615-2.jpgファイル 615-3.jpgファイル 615-4.jpgファイル 615-5.jpg

 西国33ヶ所巡礼の旅で、最難関といわれる施福寺です。粉河寺を、午後1時くらいに出て、約50km先の施福寺に向かいました。途中昼食を取り余裕を持って、3時15分頃に到着しました。麓に駐車場がありますが、本堂に至るには約1キロメートルもの急峻な階段(石を並べたような)を登ることになります。西国33ケ所のなかでも厳しい参道で、槇尾山付近のハイキングを兼ねて参拝者が多く訪れるようです。ここの駐車場から坂道・階段(ほとんど未舗装)を30~45分くらい昇らなくてはなりません。健脚なら30分くらいと思いますが、私は途中、小休憩もしましたので45分もかかりました。途中で引き返した人も結構いました。ここは高齢者の方は行かないほうがいいと思います。誰かに、ご朱印帳を頼んだほうがいいでしょう!行きは、昇りがきついので呼吸困難、降りもきつく転倒のリスクがあります。本堂に行きましたが、近くに喘息がよくなるお堂がありましたので、呼吸器の弱い私はそれもお参りしてきました。帰りはすんなり降りることができました。
 写真は、本堂、喘息のお堂、坂道、滝、など