記事一覧

 うず潮ツアーの報告(5月13日)

ファイル 725-1.jpgファイル 725-2.jpgファイル 725-3.jpgファイル 725-4.jpgファイル 725-5.jpg

 午後からのツアーでしたが、20人くらいで行ってきました。
 午後1時に出発し、2時半には福良港に到着していました。
3時30分の観光船を予約していましたが、早く着きましたので
2時50分の船に変更し乗船しました。結構たくさんのお客さんがきていました。
 ただ残念なのは、大潮・潮流を計算してきたのですが、
写真のようなすごい渦はみられませんでした。
 でも、潮流の激しいところを観光船で遊覧していますので、
それなりに感激はしました。観光船のスタッフは「うず潮」を
世界遺産にしたいようですが、なかなかハードルは高いと思います。
 4時に港を出発し、海鮮料理「びんび家」へ30分後に到着。
夕食を各自注文され、満腹で帰路に着き、小野に6時半到着。

 脱毛者に朗報!?

ファイル 721-1.jpg

 去年6月に卵巣がんで、子宮、卵巣、一部大腸を切除した方がいます。去年8月に抗がん剤の治療受けて、みるみるうちに脱毛して、全部頭部の毛が抜けてしまいました。
 患者さんは「毛生え薬はありませんか?」と尋ねてきたので、酸素ボックスに入ったら少し毛が生えるかもしれません。また、薄毛治療の発毛サプリメントを飲んでみたらとアドバイスしたところ、11月には頭部の毛は、ほとんどありませんでした。(写真なし)

 現在は写真(平成30年3月半ば)の通りです。

 サプリメント、酸素療法がこんなに効果があるなんて、ビックリ!!!

 弾丸ツアーで大塚美術館へ行ってきました!

ファイル 718-1.jpgファイル 718-2.jpgファイル 718-3.jpgファイル 718-4.jpg

 1号車;10人乗り・サロンカー(マイクロバス)、2号車;29人乗り新型コースター(マイクロバス)の2台のバスで行ってきました。
 1号車は、比較的年齢の高い人に乗車してもらいました。

 9時半に小野を出発、美術館には11時に到着。館内で食事を取ってもらいながら、4時間滞在してもらいました。午後3時に美術館を出発し、3時半にはたこせんべいの里に到着、買い物をして4時には出発し、小野には5時に到着しています。無理のない工程にしています。
 すべて偽物の作品ですが、ゆっくり鑑賞できて、みやげ物も買えてよかったといってもらいました。4枚ほど写真があります。
 次回は春に計画したいと思います。

 

 アマデウス(モーツァルト物語)

ファイル 713-1.jpgファイル 713-2.jpgファイル 713-3.jpgファイル 713-4.jpgファイル 713-5.jpg

 アマデウス…つまりモーツァルト物語を観劇してきました。というものの、映画でバックミュージックを楽団が演奏しています。
 映画は字幕がありましたので、よく内容がわかりました。モーツァルトは天才です!それ故、長生きはできなかったということです。ライバルの作曲家に呪い殺されたような物語でした。生の楽団がバックミュージックをしてくれたのですが、そのままの映画だけの方がよかったような気がします。生でないといけないこだわり方はよかったのかもしれませんが?私は映画だけでいいような気がして生演奏の醍醐味はわかりませんでした。そのほかにミュージカルなどで、日本人が演じていますが、なかなか難しいと思います。

 なばなの里(11月8日)は最高でした!

ファイル 709-1.jpgファイル 709-2.jpgファイル 709-3.jpgファイル 709-4.jpg

 今年はすでに2回目になります。行きは雨、帰りも雨、でも現地は曇りで傘はいりませんでした。
 なんで最高だと思われるのか?

 それは雨上がりで空気が澄んでいたからです!イルミネーションが、以前行ったときより鮮やか、スッキリしていたと思います。
(写真ではなかなかわかりにくいですがね!?)

 稀勢の里、照ノ富士に感激!!

 「新横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が奇跡の逆転優勝を飾った。13日目に左肩周辺を負傷しながら強行出場。1差で追走していた大関照ノ富士(25)=伊勢ケ浜=を突き落として2敗で並ぶと、優勝決定戦では小手投げで仕留め、2場所連続2度目の優勝を決めた。新横綱の優勝は先代師匠の故鳴戸親方(元横綱隆の里)らに続き8人目。手負いのVに浪速が、日本中が、大きな感動に包まれた」と報道されています。
 
 ちょっと一言;稀勢の里の相撲に感激をしましたが、照ノ富士の相撲に感激しています。優勝決定戦にもっていくために千秋楽の照ノ富士に勝たなければなりません。立ち合いで横綱は左に交わしています。左肩が痛いので右側で勝負をかけたと思います。大関は左側を攻めず、また決定戦でも決して負傷した左肩を攻めていなかったのは、本当に感激しました。たぶん弱い力士なら左を攻めて勝っているかもしれません。
 稀勢の里も立派な力士ですが、照ノ富士も横綱に負けないくらい立派な力士と思います。

 西国30番札所・宝厳寺

ファイル 689-1.jpgファイル 689-2.jpgファイル 689-3.jpgファイル 689-4.jpgファイル 689-5.jpg

お寺関係の写真を載せています。素焼きの皿に名前を書き、もう1枚の皿には願い事を書いて、廊下から鳥居に向かって投げるのがありました。「医)光邦会」、「商売繁盛」と書いて投げましたが、鳥居まで行かず、海に落ちてしまいました。
 その後最終便の15時50分発の長浜行きに乗り、そこで有名な親子丼の店「鳥喜多本店」で親子丼を食べて帰えろうとしたら、名神高速道路が30km渋滞でしたので、北陸・舞鶴道経由に変更して帰りました。50kmほど余分に走ることになりましたが、3時間で帰宅できました。名神高速経由なら4時間以上はかかっていたと思います。ラッキー!!

 帰してはいけない疾患(小児)の勉強会

 1月23日土曜日に勉強会に行ってきました。

 「帰してはいけない疾患」ってなんのことかわかりにくいと思いますが、簡単に説明すると外来診察して家に帰したらあかんということです。その後病状が悪化し、大変ことになるという意味です。

 その疾患はいろいろありますが、そんなことより講師の先生がいうには、確かな知識と確かな診断能力が前提!といわれていました。
 すべての疾患が診断可能であるということではありません。医師が見落としに陥りやすい点などを教えてもらいました。
 印象に残ったのは、意外と診察では病気を発見するのは難しい!今までの経過にヒント、子供の状態(いつもと違う・・・)、母親の言葉にヒントなどが、いっぱい埋もれているといわれていました。
 病院に送る時期を逸すると、大変なことになり、評判も落ちる。気を付けて診察、決して手抜き診察はしないように!

 歌舞伎、海老蔵・愛之助を見に行ってきました。③

ファイル 627-1.jpgファイル 627-2.jpgファイル 627-3.jpgファイル 627-4.jpg

 京都四条南座の中も、写真を撮っています。
 夜の南座もなかなかいいものですね!

 歌舞伎;阿弖流為を鑑賞してきました!!(10月10日)

ファイル 618-1.jpgファイル 618-2.jpgファイル 618-3.jpgファイル 618-4.jpg

 今まで、吉本新喜劇、劇団四季などは観に行ったことがありましたが、歌舞伎は初めてでした。有名な市川染五郎、中村勘九郎、中村七之助らが出演しています。
 感動したのは、途中休憩があっても、4時間余りの舞台でしたが、まったく飽きさせない、そして迫力満点でした。いろいろ感想をいうより一度観てもらうのが一番と思います。劇団四季の「ライオンキング」「オペラ座の怪人」なども観てきましたが、迫力からいうと歌舞伎の方がかなり勝っているような気がします。ファンになってしまいました!!

 動画がありますので、鑑賞してください。
https://www.youtube.com/watch?v=v4yHFQ5IG48&feature=youtu.be

ページ移動