記事一覧

 バドミントンのスーパースターたちも賭博しちゃった・・・

 桃田選手の謝罪:いけないこととは分かっていた。でも、入ってはいけない所に入る好奇心、楽しんでいる自分もいた。スリル感だったり、そういう気持ちから感覚がおかしくなって。日本のカジノに行ってもそんなに(思わなかった)。感覚がおかしくなってきたのかなと。
 14年末、全日本選手権決勝で敗れ「自分の中で何かが変わった」。15年1月からは一切ギャンブルをやらず、バドミントンに打ち込んだ。賭博のことは誰にも言わず隠してきた。遅すぎるが取り沙汰されて初めて、事態の重さに気付いた。
 社会人として、自分で気付いて正しい行動をいけないはずなのに、自分を止められない弱さがあったかなと思います。

 淡々とした桃田とは対照的に、田児は頬を伝う涙を何度もぬぐいながら繰り返し、訴えた。

 田児選手の謝罪;自分は2度とバドミントンができなくなってもいい。桃田のような日本のバドミントンにとっても、わが社にとっても宝物のような選手を自分のとった行動でこのような事態にしてしまった。自分の立場でこういうことをいうのはおかしいですが、桃田にもう1度チャンスを与えてやってください。お願いします。

 ここでちょっと一言;彼らの賭博は、文春が暴露しなければたいした問題になっていません。以前ならマスコミに圧力をかけてなかったことにしていることがたくさんありました。現在に至っては、そんなことが許される時代ではありません。法律で、日本ではいけなくて、海外で大丈夫なバクチで、なんでここまで彼らをおいつめるのでしょうか!20代の若僧です。バドミントンでは世界一流でも、所詮ただの若者です、少しくらい道を外すことはあると思います。田児選手は周りを引き込んでいるので、少し罪が重いかもしれませんが、桃田選手に関しては、未成年がタバコや酒を飲んだ程度とかわりないと思います。責任追及ばかりしないで、この二人は日本の宝なのですから、オリンピンクなども出場させてあげてもらいたいものです。彼らは日本の恥だと思いますか!
 巨人の選手の賭博の方がもっと悪質です。またなんで悪質になったかは、巨人は特別扱いされていたから、よけいにわからなかったと思います。清原氏の覚せい剤の件などはもっと前に解決していないといけない問題です。今の巨人はそれなりに強くなっています。とってもいいことと思います。阪神も強くなっています!?野球が邪念なく観戦でき最近はよくみるようになりました(脱線)
 別に結果的に逮捕されたわけでもないので、謝罪すれば、スポーツをやらしてあげるのが、得策と思います。

 ヴィッセル神戸の観戦チケットをお分けします。

ファイル 657-1.jpgファイル 657-2.jpg

 4月及び5月中のヴィッセル神戸のホームゲームのチケット(バック自由)を差し上げます。
 4月10日(日) 対アビスパ福岡戦(13:00キックオフ);J1
 4月24日(日) 対ベガルタ仙台戦(13:00キックオフ);J1
 5月4日(水・祝)対ジュビロ磐田戦(16:00キックオフ);J1
 5月21日(土) 対横浜・マリノス戦(16:00キックオフ) ;J1
 
 4月20日(水) 対大宮アルディージャ戦(19:00キックオフ);ナビスコ
 5月25日(水) 対名古屋グランパス戦(19:00キックオフ);ナビスコ

 これらのゲームの観戦チケットです。当日にチケット交換ブースがありますので、そこでチケットを当日入場券に交換して入場してください。
 原則は1人1枚にしていますが、家族で行かれるときは人数分をお分けします。

 乙武洋匡さんの評判が落っちゃいました!!

 乙武洋匡さんは妻子がありながら、5人の人と不倫をしてしまいました。超えてはならないことをしてしまい大チョンボです。
『謝罪のコメント・・http://ototake.com/

 ちょっと一言;私がおかしいのか分かりませんが、不倫の是非は今回は考えないとして、女性と『H』をするには、乙武さんは五体不満足なため、自分からすることはできません。会話ではかっこいいことを言っても、女性が積極的でない限りは「H」は不可能です。元国会議員の不倫は「ただのゲス野郎」と思いますが、乙武さんの場合は違うと思います。多分乙武さんは、五体不満足だけど、「H」に関してはプライドがあり、機会があれば・・・という感じに取ってしまいます。乙武さんは奥さんには謝罪しないといけないと思いますが、相手の女性は、乙武さんに「Hに誘ってゴメンネ!!」と云ってもらうのが筋と考えます!?
 
 乙武さんの言葉で・・・・・・

「障害は不便です。だけど、不幸ではありません」というのがたまらなく好きでなりません。

 以前も書いたことがあるかもしれませんが、スキー場に行って、抱えられてリフトに乗っている人がいました。両足が不自由で座ってスキー板に乗っている人でした。いざリフトから降りてゲレンデへ出ると、あっという間に滑っていきました。リフトに乗るのが不便なだけで、スキーは抜群!!私のような健常者などは話にならない状態;リフトは乗れてもスキーは不満足!!
 この椅子そりスキーの方は、不便とは思いますが、スキーでは大満足だと思います。

 寺井寿男校長の発言の波紋・・・ちょっと一言!!

 人の価値観の問題に突っ込んで話しているので、人に誤解されやすいと思います。
 昨今の事情は、女性が子供を作りにくい環境になっているから問題なのです。もし4人や5人の子供、またそれ以上もおれば、総合職の仕事は、周囲のサポートがなければほぼ不可能に近い状態になります。子供にはお金がかかり、仕事に追われます。だれがそんなしんどいことをするのでしょうか!!過労死が待っています。
 できれば、子供ができてもサポート体制がしっかりしておれば、キャリアを積むことができます。生活面では、ヘルパーが無料で来てサポートしてくれたり、出産したらお祝い金;100~500万円くらい贈呈とか、そして保育園の費用、医療費・・・など子供にかかる費用はすべて無料にすべきです。できれば、大学までにかかる費用なども無料にすべきと思います。やはり次世代を支えてくれる人をもっと大切にしたいと思います。子供は宝です!
 話は変わりますが、防衛大学校に入って、自衛官になるのを辞退する人がいます。最近は5%くらいらしいですが、次のようなことがニュースに出ていました。
 「MSN産経ニュース(1月22日)によると、防衛大学校卒業生で任官を辞退する卒業生から授業料・入学金に相当する約250万円を償還金として徴収することになったとのことである。また任官後6年以内に退職する卒業生からも在職期間に応じて徴収するとのこと」
 つまり辞退するくらいなら行かなかったらいいのです。授業料無料、生活費援助があるから行くわけです。学問を学ぶ自由がありますが、生活費まで面倒みてもらっているのでは話が変わってきます。250万円以上国庫金が使われているのですから、返還すべきでしょうね!

 寺井寿男校長の全校集会での発言の波紋!?

ファイル 654-1.jpg

 「寺井寿男校長(61)が2月29日の全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと。仕事でキャリアを積む以上に価値がある」と発言と報道 されていますが、全文を読むと当たり前というか、いいことも述べていると思います。

 全校集会での発言は下記の通りです。

「今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げてよく聴いてください。女性にとって最も大切なことは、子供を二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。
 なぜなら、子供が生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか子供を産むことができません。男性には不可能なことです。
 「女性が子供を2人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部に能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたらよい」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと大学で学び、医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けばよいのです。子育ては、それほど価値のあることなのです。
 もし、体の具合で、子供に恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれない子供を里親になって育てることはできます。
 次に男子の人も特によく聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。
 人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。
 子育てをしたらそれで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。
 やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。・・・・でちょっと一言になりますが、次の回に意見を述べたいと思います。

 3月20日救急で北播磨総合医療センターへ

ファイル 653-1.jpgファイル 653-2.jpgファイル 653-3.jpgファイル 653-4.jpg

 午前2時頃から背部(背中)の右側がだんだん痛くなり、救急で北播磨総合医療センターの外来へ家族に運んでもらいました。痛くて転げ回るほどではないが、鈍い痛みですが我慢ができるような痛みではありませんでした。
 エコー、CT,採血をしてもらい、点滴を受けました。救急医は明らかな原因はわからないといわれました。点滴後は痛みがすっかり取れて、歩いて帰宅することができました。
 北播磨総合医療センターの医師、看護士及びコメディカルのみなさんにやさしくしてもらって、ありがとうございました。

 ちょっと一言;はずかしい話ですが、私自身が医者に助けてもらったのが初めてでした。本当にありがたいと思いました。たいした病気でもなかったようですが、このまま死んでしまったらどうなるだろうと考えていました。改めて健康について考えさせられました。いままでは、病気をしてもすべて自分で解決をしてきましたが、今回は人に助けてもらいました。一人ではできないことがあることを思い知らされました!
 とっても勉強になった痛い一日でした!

 ヴィッセル神戸対ガンバ大阪戦を観戦!!

ファイル 652-1.jpgファイル 652-2.jpgファイル 652-3.jpgファイル 652-4.jpg

 今年は、ヴィッセル神戸のサポーターはやめていますが、ヴィッセル神戸対ガンバ大阪の試合は見にいきました。

 試合の前に2-1でヴィッセル神戸が勝つような気がすると家族の中では話をしていました。

 前半に小川選手(36分)、後半でレアンドロ選手(58分)がゴールを決めてきれました。いつものヴィッセル神戸だと、油断して点を取られるのにと思ったら、やっぱり試合終了前(84分)に入れられました。予想は的中!!

 試合に勝利したこともうれしかったが、得点まで予想通りだったので、すごくうれしかった。

 気分がよかったので、ヴィッセル神戸のキャンペーンに参加することにしました。当院のホームページをヴィッセル神戸のサイトに載せたり、ユニホームやチケットもいただけるようです。

 帰りに新開地に「ととや」という居酒屋によって、美味しいものを食べてきました。鱧のきも、鯖の刺身、鱧の頬の天ぷら、鳥の空揚げ、大トロ・・・など家族4人で味わいました。鯖の刺身の脂がのって美味しいのにはびっくりしました。今まで食べた鯖で一番美味しかったです!!

 巨人は普通の球団以下だった・・・続き

 「産経新聞の報道「名誉毀損」、巨人軍が抗議書」

 抗議書で球団は、「声出しについて、『連勝するごとに、どんどんレートが上がる』などという笠原氏の虚偽の証言内容を、球団に確認しないまま報じたのは極めて問題」と指摘。「当球団の所属選手が敗退行為を行っていた疑いがあるという誤った内容を伝えるもので、球団の名誉を毀損きそんする」としている・・・と新聞に載っていました。

 ちょっと一言:この話だけでは、まったく名誉棄損と思います。しかし、この球団は元選手の野村氏、清原氏などの覚せい剤のことを長年放っておいて、今さら名誉棄損などないような気がします。とんでもない反社会行為を球団は見逃していたわけです。いままで、トップのいいなりになっていたからといって、球団にマイナスイメージをなんとかしようというのは分かりますが、そんな簡単なことではありません。高橋監督が「野球で恩返しできるように頑張ります」というようなことをいわれていたと思いますが、野球は野球。私生活は私生活でも、社会のルールは守らないといけないと思います。プロ野球の選手は、ドーピング検査、覚せい剤の検査は義務づけた方がいいと思います。賭博に関しても、すべて賭け事禁止にすべきです。そしてクリーンになってもまだいちゃもんをつけてきたら、名誉棄損と訴えた方が意味があると思います。

 巨人は普通の球団以下だった!?

 大物の辞任;渡辺恒雄最高顧問(89)、白石興二郎オーナー(69)、桃井恒和会長(69)ら球団3首脳の引責辞任!
 「高木京介選手の賭博問題」だけで、この球団3首脳の引責辞任すると思いますか?元巨人の笠原氏がこれからいろいろ真実を述べると言っています。多分その話を聞いたので、先に辞任していた方がいいと思ったのでしょう!
 本日のニュースでは「巨人軍によると、試合前の円陣で声出しした選手には、試合に勝利すると、ほかの選手から5,000円ずつもらえ、負けると、1,000円をほかの選手に払う行為があったという。
2012年春、下位に低迷してたころに始まったということで、巨人軍は、「『ゲン担ぎの一種』という認識で、賭博というよりは、ご祝儀というニュアンスだった」と説明している。
 
 ちょっと一言;金額は少ないけど、やはり賭博の部類に入りそうなことだと思われます。同じするなら勝つと10000円を球団から、負けると5000円を球団に支払うくらいにしておけば、問題にはならなかったと思う。ゴルファーの場合(本当かはわかりませんが)、1打1万円の賭けゴルフをしているという噂を聞いたことがあります。いいかわるいかは別にして、負けると勉強代!勝てばご褒美ということですね!
 やはりここで問題にするのは、野球の頂点にいる人間のすることではないと思います。とりあえず、金額にかかわらず賭け事はすべて禁止すべきと思います。なぜなら、昨日まで1万円もらったら喜んでいた人間が、プロ野球選手になって1千万円~1億円くらい稼げるようになれば、金銭感覚が変わるし、社会人の常識も習わず高給取りになってしまったからです。規則で守ってやらなければ、自滅しやすいと思います。高木選手は先輩の笠原氏から誘われ、賭博に足を突っ込んでしまいましたが、怖くなって去年は賭博をやめています。笠原氏から比べると罪は軽いと思います。3ヶ月の出場停止くらいのペナルティーが妥当!?。今まで紳士の球団の巨人といわれていましたが、一番そうでない球団に落ちてしまいました。巨人は、清原氏の覚せい剤問題は現役中にあったわけなので、これを見つけられなかったのは問題だと思います。
 オリンピックのように、ドーピング薬剤、覚せい剤や麻薬などを一切使用禁止にすべきと思います。そして巨人は、真のプライドのある球団になってほしいものです!

 シャラポア選手のドーピング問題・・・・

 意図的な摂取を否定した上で「全ての責任を負う」
 3月7日、テニスのマリア・シャラポワ選手(28)が会見し、1月の全豪オープンのドーピング検査で、禁止薬物の「メルドニウム」に陽性反応が出たことを公表した。意図的な禁止薬物の摂取は否定した上で「ファンやテニスという競技の信頼も失墜させてしまった。全ての責任を負う」と悲痛な覚悟を伝えた。

 引退は否定「もう1度チャンスを与えてほしい」が本音。国際テニス連盟より発表がある前に公表している。「自首」して罪を少しでもやわらげてもらいたいために決断したと思う。
 
 意図的であると疑わせるようなことがいろいろあります。
心電図の異常、糖尿病の兆候…医師から処方され服用を開始というが・・・
 シャラポワ選手が頻繁に体調を崩す原因を突き止めるため「大量の検査を重ね」、結果、「心電図に異常があり」「糖尿病の兆候もいくらかあった」という。それから約10年間服用しています。
 禁止薬物「メルドニウム」とは、ロシアなどでは心臓疾患の治療薬。米国では未承認になっている。
 1)健常者が使用すると、持久力向上や疲労回復に効果あり
 2)筋力を競う種目の選手にメルドニウム陽性反応が多数と独ケルン体育大による論文で発表あり。
 3)各競技で、ロシア選手のメルドニウム陽性反応が次々と発覚
各選手は禁止薬物指定を知っているはずだと指摘するロシア代表チーム監督も・・・・
 4)競技向上目的で使用された事実が確認され、2016年から禁止薬物に指定されました。

 シャラポア選手も勝ち続けるためには、薬剤などの助けが必要だったと思います。本当にプロスポーツの選手は大変だと思います。だれも病気で服用していたとは思わないでしょう!